FaceNapナビ
 

ポート開放 OS ファイアウォール設定

Windowsに標準装備されている、Windowsファイアウォールにポート開放をします。

この作業はWindows Xp(OS)以前のOSには必要ありません。
【Windows Xp 】 【Windows Vista】のみ必要になります。

また、何らかのファイアウォールが装備されているウイルスソフトを入れている場合においては、Windows Xpのファイアウォール機能は無効にしてしまってもいいと思います。

Windows Xp ファイアウォール設定

まずは【スタートメニュー】 → 【コントロールパネル】と進みクリックします。

コントロールパネル

左上の項目で【クラシック表示に切り替える】を選択しクリックしクラシック表示に切り替えます。

クラシック表示に切り替わった【コントロールパネル】より、【Windowsファイアウォール】を
選択し、【ダブル】クリックします。

Windows Xp ファイアウォール設定

【有効】にチェックを入れ、【例外を許可しない】のチェックをはずします。
※ここで【無効】を選択し【OK】をクリックすると、これ以上の設定は必要ありません。
ファイアウォール機能が装備されているウイルスソフトを入れている場合には、【無効】でもかまわないと思います。

上の項目の中から【例外】をクリック。

Windows Xp ファイアウォール 例外設定

【プログラムの追加】をクリックし、プログラムの選択画面へと進みます。
FaceNapのフォルダの中から、facenap.exeを選択します。

Windows Xp ファイアウォール 例外設定 確認

【プログラムおよびサービス】の中にfacenapがあることを確認して、【OK】をクリック。

Windows Xpのファイアウォールの設定は以上で完了です。

※ポート開放は【ポートの追加】を選択し、個別にポート番号を指定する方法もありますが、他のプログラムを使うときにもそのポートは使われてしまいますので、【プログラムの追加】より、ポート開放を行うことをお勧めします。

Windows Vista ファイアウォール設定

まず、【スタートメニュー】 → 【コントロールパネル】 → 【Windowsファイヤーウォールによるプログラムの許可】と進みクリックします。

【ユーザーアカウント制御】が表示されますので【続行】をクリック。

【有効】にチェックが入っていることを確認し、上の項目、【例外】をクリックし、下のほうにある、【ポートの追加】をクリックします。
※ここで【無効】を選択し【適用】をクリックし【OK】すれば、これ以上の設定は必要ありません。
ファイアウォール機能が装備されているウイルスソフトを入れている場合には、【無効】でもかまわないと思います。

ポートの追加の詳細設定の画面が表示されますので、入力していきます。

【名前】
何でもかまいません。日本語、英数字可。自分が分かる物にして下さい。

【ポート番号】
任意のポート番号を入力します。

【プロトコル】
TCPと指定します。

入力事項を確認し【OK】をクリック。

例外の項目の中に名前で指定した名称が表示されているはずです。
すぐ左のチェックボックスにチェックを入れ、最後に【適用】をクリックし、適用させます。

Windows Vistaのファイアウォールの設定は以上で完了です。