FaceNapナビ
 

Face Nap リンクサーバーの設定

FaceNapでは、便利な機能にひとつとして、他のPCとサーバーをリンクさせることが出来ます。

サーバーに入ってくる人数が、使っているPCの許容範囲を超えてしまった時など、PCが重たく動作が厳しい時などに使います。アクセスユーザーが、リンクサーバーへと、振り分けられます。PC1台で問題なければ、サーバーをリンクさせる必要はありません。

まずはリンクサーバーの設定画面を開きます。
メイン画面の左上。【サーバー】項目の【設定】をクリック。
メインの設定画面が表示されますので、左の項目の中から【Linking servers】をクリックして下さい。【サーバーリンクの設定】とういう画面が表示されます。

FaceNap サーバーリンクの設定

【サーバーリンクの設定】画面から、【サーバーリストのサーバーだけ許可】にチェックを入れ、【変更】をクリック。

次に、リンク先サーバーの設定をします。
サーバーリストにリンク先サーバーを入力します。

FaceNap リンクサーバー

FaceNapのメイン画面から【サーバー】をクリック。
【サーバーを追加】の隣の空白に、リンク先サーバーの情報を入力します。

リンク先サーバーのドメインを入力した後、:【コロン】で区切り、リンク先サーバーのポート番号を入力します。入力後【サーバーを追加】をクリック。

上記画面のよう、サーバーリストの中に任意のドメイン、ポート番号が確認できればOKです。

この作業を自分のPCと、リンク先PCの双方で、互い違いに行います。
リンク先PCには、自分のPCのドメインとポート番号を入力します。

これでリンク設定は完了です。

制御末端ユーザーの変更

制御末端ユーザー。これはFace Napを扱う人の名前です。
この名前が、双方重複していると、うまくリンクできません。
例として自分のFaceNapをEliteに、リンク先のFaceNapをAdminにして下さい。

メイン画面の左上。【サーバー】項目の【設定】をクリック。
メインの設定画面が表示されますので、左の項目の中から【Console】をクリックして下さい。【制御末端(Console)ユーザーの設定】とういう画面が表示されます。

FaceNap 制御末端ユーザーの設定

右上の赤枠の中、これが制御末端ユーザーの名前です。
自分のFaceNapをEliteに変更し、【保存】をクリック。

再起動後に有効になりますので、1度Face Napを再起動します。

再起動後もう一度メイン画面から、サーバーリストを開いて下さい。

FaceNap リンクサーバー接続

サーバーリストの中から、先ほど入力した項目を選択し、【右】クリック、【接続】をクリック。

FaceNap リンクサーバー接続完了

上記画面のように*****にリンクしました。と表示されればリンク成功です。
リンク先のFace Napにはこちらのドメインが表示され、リンクしましたと表示されます。

最後にもう一度、サーバーリストの中のサーバーを【右】クリックし、【プロパティー】をクリックします。
【接続が切れたらリンク再試行 最リンクまでの時間(分):】の項目を設定します。
任意の設定が終わったら、【OK】をクリックして完了です。

尚、ローカル内でリンクをかけたい場合は、【プロパティー】の中の項目。
【ホスト名の変わりに次のIPアドレスで接続する:】の空白にローカルIPを入力します。
これを双方のPCで同じように入力します。

以上でリンクサーバーの設定は完了です。