FaceNapナビ
 

ポート開放 BUFFALO(バッファロー)

BUFFALO(バッファロー)製のブロードバンドルーターのポート開放の仕方を説明します。

ここでは【BUFFALO WHR-G54S】を使って説明します。

バッファロー製のルータには、数種類の型番がありますが、基本的にやることは同じです。しかし、各型番ごとに設定手順が多々異なりますので、お使いの物と照らし合わせて、参考にしてみてください。

各型番のマニュアルはエアーステーション マニュアル一覧からどうぞ。

ポート開放にあたり、まず最初に、ローカルIPアドレスの固定が必要になりますので、まだの方は、ポート開放準備を参考にローカルIPを固定して下さい。

WHR-G54S ポート開放

まずは、ブロードバンドルータにアクセスします。

バッファロー ルータアクセス

ブラウザを立ち上げ、アドレスバーに【192.168.11.1】と入力し【Enter】をクリックします。
【192.168.11.1】でログイン画面に行かない方は【192.168.12.1】を入れてください。

ログイン画面が表示されますので、ユーザー名に【root】と入力し【OK】をクリックしてログインします。
※パスワードのところは空白のままでかまいません。

ルータにログインし画面上の【詳細設定】をクリックします。
以下画面が表示されます。

アドレス変換へ

左の項目の中から【アドレス変換】をクリック。

ポート開放 詳細設定へ

上記画面が表示されますので、【ポート変換テーブルの編集】をクリックします。

アドレス変換 詳細設定

ここで各種詳細設定をおこないます。

【グループ】:ここには任意の名前を入れます。
自分が分かる物であれば、何でもかまいません。

【プロトコル】:
1番下の項目【TCP/UDP】にチェックを入ます。
【任意のTCPポート】を指定して、【任意のTCP/UDPポート】の空白に、任意のポート番号を入力します。

【LAN側IPアドレス】:ここには、ポート開放したいパソコンのローカルIPを入力します。

入力事項を確認し、【新規追加】をクリック。

設定が完了しましたという画面が表示され、以下画面に切り替わります。

アドレス変換 詳細設定 確認

設定した入力事項に間違いが無いか確認し、【操作が】一時停止のマークになっていることを確認します。
※バッファローにおいては、この一時停止マークが、【有効】になっているマークです。

画面左上から【ログアウト】を選択しクリックし、ブラウザを終了して下さい。

以上でバッファロー WHR-G54S ポート開放は完了です。

※上記設定でポート開放が出来なければ、1度ルーターの再起動をおこなってみて下さい。画面左の項目、【管理設定】よりおこなえます。