FaceNapナビ
 

ポート開放 ウイルスバスター2007

トレンドマイクロ社のウイルスソフト、ウイルスバスター2007のポート開放の仕方を説明します。

ウイルスバスター2007のポート開放の仕方はウイルスバスター2006とは少し違いますので、分からない方は、以下を参考にやってみて下さい。

まずウイルスバスター2007のメイン画面を開きます。
タスクトレイの青と白のカプセルのアイコンを【ダブル】クリック。

ウイルスバスター2007 メイン画面

【不正侵入対策/ネットワーク管理】をクリック。

ウイルスバスター2007 不正侵入対策/ネットワーク管理

現在のプロファイルを確認します。ここは、変更していなければ、通常は家庭内ネットワーク1になっているはずです。確認したら、【設定】をクリック。

ウイルスバスター2007 パーソナルファイアウォール

家庭内ネットワーク1を選択し、【編集】をクリック。

※ここで左上のパーソナルファイアウォールのチェックをはずすして、OKをすると、これ以上に設定は、何も必要なくなりますが、パーソナルファイアーウォールを切ってしまいますと、悪意のあるユーザーからアクセスされる可能性がありますので、パーソナルファイアウォールを切ることはお勧め出来ません。

ウイルスバスター2007 プロファイルの設定

上記画面が表示されたら、【例外ルール(プログラム)】をクリック。【追加】をクリック。

ウイルスバスター2007 例外ルール(プログラム)

上記画面が表示されますので、詳細設定をしていきます。

まず、この例外ルールの名前。
任意でかまいません。日本語、英数字可。自分が分かる物にして下さい。

次に対象。
指定のプログラムにチェックをいれ、【参照】をクリックしfacenap.exeを選択ます。

次に【簡易設定】にチェックを入れ【許可】にチェックを入れます。

上記設定が出来たら【OK】をクリック。

ウイルスバスター2007 プロファイル確認ウイルスバスター2007 プロファイル確認

例外ルールの中にFace Napが追加されました。
状況にチェックが入っていること。処理が許可になっていることを確認して下さい。

確認後【OK】をクリックします。

ウイルスバスター2007 パーソナルファイアウォール

最後に【OK】をクリック。

ウイルスバスター2007のポート開放設定は、以上で完了です。