FaceNapナビ
 

ポート開放 ウイルスバスター2006

トレンドマイクロ社のウイルスソフト、ウイルスバスター2006のポート開放の仕方を説明します。

まずは、ウイルスバスター2006のメイン画面を開きます。
タスクトレイの青と白のカプセルのアイコンを【ダブル】クリック。

メイン画面の左の項目の中から【不正侵入対策/ネットワーク管理】を選択しクリックします。
以下画面が表示されます。

ウイルスバスター2006 パーソナルファイアウォール設定へ

【パーソナルファイアウォール】を選択しクリック。

ウイルスバスター2006 家庭内ネットワーク1設定へ

現在のプロファイルを確認します。
ここは、変更していなければ、通常は家庭内ネットワーク1になっているはずです。
プロファイルの設定の中の【家庭内ネットワーク1】を選択し【編集】をクリック。

※ここで左上のパーソナルファイアウォールのチェックをはずすして、適用すると、これ以上に設定は、何も必要なくなりますが、パーソナルファイアーウォールを切ってしまいますと、悪意のあるユーザーからアクセスされる可能性がありますので、パーソナルファイアウォールを切ることはお勧め出来ません。

ウイルスバスター2006 プロファイル設定

プロファイルの設定画面が表示されますので、上の項目の中から、【例外ルール】を選択し、【追加】をクリック。例外ルールの詳細画面が表示されます。

ウイルスバスター2006 例外ルール設定

ここで、すべての詳細設定をします。

まず、1番上の説明。
ここは、この例外ルールーの名前を入力します。
自分が分かる物であれば、何でもかまいません。日本語、英数字可。

次に対象。
【指定のアプリケーション】を選択し、【参照】をクリックして、facenap.exeを選択します。

次に方向。受信にチェックを入れます。

次にアクセス処理。許可にチェックを入れます。

次にプロトコル。TCPを選択。

次にポート。
【指定のポート】を選択し、任意のポート番号を入力します。
※サーバーポートが2つの場合は,【カンマ】で区切って2つ入力します。

最後にIP設定。
すべてのIPアドレスにします。

上記の設定を入力したら、入力事項を確認し【OK】をクリック。
以下画面が表示されます。

ウイルスバスター2006 例外ルール確認

左の有効にチェックが入っていいることを確認し、再度入力事項に間違いが無いか確認します。

確認したら【OK】をクリック。

ウイルスバスター2006 設定適用

最後に【適用】をクリックし、今回の設定を適用させます。

ウイルスバスター2006のポート開放設定は、以上で完了です。